2022年パレットタウンが以下の日程で順次営業終了の予定

1999年3月に営業を開始したパレットタウンが以下の日程で順次営業終了の予定
・2021年12月31日:メガウェブ
・2022年1月1日:Zepp Tokyo
・2022年3月27日:ヴィーナスフォート
・2022年8月31日:パレットタウン大観覧車
・2022年8月31日:MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless

パレットタウン営業終了後は再開発を行い2025年6月頃に「計画名:青海ST区画プロジェクト (仮称)」としてプロバスケットボールBリーグ・アルバルク東京のホームアリーナとしての機能をメインにした大型複合アリーナを核としたコンベンション機能を含むほか、ホテルやオフィス、商業・エンターテインメント施設なども入る複合施設となる見込みとされている。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする